のぅ?ぬ?

先週月曜、
シンガは建国記念日「National Day」でお休み。

そんな連休を利用して一時帰国してました。
画像
















タイに。

写真は王妃様。
12日は王妃様のお誕生日なので
こうして国をあげてのお祝いです。
ちなみにタイでは王妃様のお誕生日=母の日ともなっています。

前回の一時帰国は2月旧正月の時、
なので今回デモ後初めての一時帰国。

どんなかなぁ・・・と思いきや、表向きはいたって普通。
が、やはり崩壊後のCWPを目の前にすると
普通じゃなかったことを実感。
画像
















なんて悲しい跡なんだ・・・
(土砂降りの中撮ってるからなおさら寂しさを誘う・・・)

在タイ中はまさにこのラチャプラソン地区に住んでたので
焼け跡はそれは辛いものでした。

何かが大きく変わろうという時、
その大きさに比例した犠牲も出るのかもしれません。

今回のことももちろんあってはいけないことだったし悲しいことです。
でもある意味良い機会だったのかも、とも思えます。(と言うか、思いたい)

事情が事情だけに根深いものがあり、解決するのかどうか?
という不安もなくもありませんが、
これが1つの良い機会となって前進していくと信じたいです。


おまけ―――
画像
















飛行機降りて入国審査行く前に受ける(ことになった)審査場の案内・・・
「お客様の安全を確保するため“の”」(当たり前だけど変換できないw)

これさぁ、くるっとした部分わざわざ付け足してるよね?
で、何て読むよ???

ちなみにこの空港、シンガです・・・w



VOW全書〈1〉まちのヘンなもの大カタログ (宝島社文庫)
宝島社

ユーザレビュー:
爆笑間違いなし!です ...
面白すぎる「ぢぬんを ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by VOW全書〈1〉まちのヘンなもの大カタログ (宝島社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

あいりーん・もあな
2010年08月16日 21:30
タイは王室愛がすごいよね~
私はタイ人がクーデターとかデモを起こすって想像できなかったけど、ニュースやこういう現地の写真を見ると、本当にあったんだとそれをやっと現実として受け入れられるようになりました。

その痛ましいクーデターも歴史の1ページとして残っていくのだし、今後よりよい国になるためにその痛みを大切にしてほしいよね。
chloe
2010年08月17日 02:01
>あいりーん・もあなちゃん
うん、宗教的とでも言うくらいの王室愛だよね。(実際仏教等への信仰心も強いけど)でも実際にそれだけ国の為にたくさんの功績を残されてる国王なので、外国人である私も尊敬の念を持ってるかも。

そうだね、「微笑みの国」のイメージとはかなり離れた行動だったもんね…。けど今回、後片付けや立ち直りの早さ等を見てタイ人の強さも見れた気がするよ。彼らはちゃんと起ったことを受け入れて着実に前進してます。次へのステップの糧になったと信じて、良かった経験と思いたいね。
sae.saeko
2010年08月17日 16:38
いつも、世界のどこかで、戦争があって、事件、事故があって、タイのクーデターも、普通の日本人にしてみたら、そのひとつに過ぎないかもしれないけれど。

かつて自分が住んでた所が崩壊するのは、本当に切ないんだろうね。
友人もいるだろうし。

多くの犠牲が無駄にならず、少しでも良い方へ向かいますように・・・。
chloe
2010年08月17日 21:53
>sae.saekoちゃん
どうして争いって起るんだろうね…どうしてみんなもtっと仲良くできないんだろう…平和を願うのに難しいことなんて何もないと思うんだ。先ずは近くの人を愛することができれば必ずそこから拓けていくと思うんだけどなぁ。

本当にこの犠牲を無駄にせず次へのステップを踏んでほしいと切に願うよ。
yuu
2010年08月19日 07:08
焼け跡。あんなに大きな建物が、と驚きます。。。

タイでは何が起こってるんだろ?
今は変革期なの??

王室愛。
日本の戦前の皇室崇拝ともまた違いますね。
15年前に行った時、ステイさせてもらったタイ人家族全員、
歴代王様(自分のお気に入りの王様がいるらしい)
のネックレス、しててビックリしました。
高校生だった女の子もつけてたけど、愛、って感じよね。
chloe
2010年08月20日 00:11
>yuuちゃん
変革期…そうなのかもね。結果的にひどいことも起ってしまったけど、ある意味私達はタイの歴史の変わり目に立ち会ってるのかも…。
クーデターなんかは日本だってその昔あったわけだし…一皮剥けるには通る道なのかもだね。

タイの王様、ラーマ5世(チュラロンコン大王)と9世(プミポン現国王)が人気あるみたいね。5世の生誕日だか命日だかは祝日なくらいだし。世界の中でもこんなに敬愛される王室って珍しいかもね。